DHCじゃないけど、

帯に踊る「第1位!」につられて買ってみました。
葉桜の季節に君を想うということというミステリです。

仕込まれたネタは全然わからんかった、ビックリ!ですわ。
途中にン?と引っかかった部分があって、読み返せばそれがヒントだったんだけど、この作者(歌野晶午)は初読だし、ミステリつまみ食い程度のあっしにはまあ無理でしたね。
確かに映像化は絶対無理です(^^)

仕込みがすべてという一発芸的作品ですが、読みやすいし、スコーンと一杯食わされてみたい方にはオススメします。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。