某河川のニホンザリガニ

ちょっと興味があって、休みの日に、とある川にザリガニ(在来種)を見に行った。
川の水が酸性で、魚はいないけどザリガニはいる、という話を訊いたので。

札幌から近いけど、人の気配がない川。
魚がいないなら、少なくとも釣り人は来ない。
酸性の川
ちょっと川を上がっていって、おもむろにザリガニを探す。
ザリガニめっけ
・・すぐみっけ。
穴あきザリガニ
こいつはなぜか横腹に穴が空いている。
石の下にザリガニ
よさげな石をはぐると、結構な確率でいる。
手のせザリガニ
ほかの川のザリガニと特に違った雰囲気はない。
酸性水
持参した試薬で川の水を調べたら、たしかに魚には厳しいと思えるほど、かなりの酸性だった。

ヒトが環境を変えるとすぐいなくなる彼ら。
でも、酸性水への耐性を身をもって証明している姿に、いつもと違う強さもちょっと感じられた。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。