F特から始める

去年8月に買ったホンダフィット。
FIT!

カーステは「こんなもんでいいかな」と、とりあえず手頃な社外品をオートバックスで買って持ち込み、納車前にディーラーで付けてもらいました。

でも結局いじりたくなってきたので、冬の間にゆっくり準備することにしました。
札幌の冬は、クルマいじりにはちょっと寒さがこたえます。
デッドニングの粘着系にも具合が悪いし。

まずはノートPCでF特を測定できるよう、機材を揃えました。
マイクは安くて性能がよい、定番のBEHRINGER ECM8000。
これはファンタム電源が必要なので、供給源兼オーディオIFとして、TASCAM US-122L。
測定ソフトは色々あるけど、使いやすそうなMySpeakerをまず試してみました。

自宅オーディオでまずは測定のテスト。
セッティング
スピーカーはダイヤトーンのDS-500。

結果はこんな感じ。
測定結果
低域が早めにダラ下がりで、低音の量感不足という聴感と一致します。

このように試聴と測定をリンクさせるのは、なかなかためになりそう。
次は車内で試して、具合が良ければMySpeakerをレジストしようと思います。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。