スイレンの栽培容器 1:睡蓮鉢

春。スイレン植え替えの季節です。
これまで色々な容器を使ってきましたが、おさらいを含めてまとめておきます。

スイレンはふつう、外側の容器(睡蓮鉢)と中に沈める容器(植え付け容器)をセットで使います。
イメージ写真
こんな感じです。

睡蓮鉢と言えばふつう、陶器製を思い浮かべるかと思います。
我が家にもひとつだけあります。
陶器、いいわぁ
やっぱり雰囲気があってカコイイですね。

薄いプラよりは水温変動を緩和してくれる働きもあるでしょう。
しかしとても重く、欠けや割れにも気を遣います。
札幌だと冬は屋内に移し、春に外に出し、という移動の時にちょっと大変です。
お値段も、よい物はそれなりに張ります。

で、おすすめなのが、軽くて丈夫なプラ製(ポリプロピレン)の鉢。
ただ、鉢底に穴が開いている物は使えないので、選択肢は多くありません。
市販品で、鉢底の穴をふさぐ栓が付いているものがいくつかあり、水をためられます。
栓付き

入手性のよいものでは、アップルウェアーの陶鉢(すえばち)寄型シリーズ。
陶鉢
3サイズありますが、一番大きい440サイズがおすすめです。

あとはアイリスオーヤマのフィレンツェボールプランターシリーズ。
これも一番大きい450サイズがおすすめ。
同じ形で和風テイストのZENシリーズが好きだったのですが、残念ながら廃版になったようです。

アイリスでこんなのも見つけました。
ライズ ボールプランターシリーズ。
ちょっと浅めでスイレンにはいいかも。
4色あり、ネットで見る限り悪くなさそうです。

ちょうど容器が足りなかったので、さっそく大きい方を全色買って試してみます。
プラ製でも、耐久性はじゅうぶんにあります。
この先分かりませんが、私の使い方では4年使ってもビクともしません。
安いのも助かります。

植え替え待ちの鉢たち
私の場合、メダカなどスイレン以外の生物も同居させるので、新品のプラ鉢を使う前に、気を付けて実践していることがふたつあります。

まず新品のプラ製品は、表面に何かの成分(離型剤?)が付いていることがよくあります。
水で濡らして触ってみると、妙にヌルヌルするので分かります。
それを洗剤(石けんがベター!)でよく洗い落とします。
CMではないですが、触るとキュキュッとすればオッケー。
何も付いてないっぽいプラもあるのですが、洗って悪いことはないので、一律実践してます。

もうひとつやっていること。
穴をふさぐ栓を使って水をためる鉢の場合、長く使うことを考えると、栓の耐久性がちょっと心配です。
万一水が漏れてなくなったら、スイレンは1日ぐらい平気かも知れませんが、メダカはあっという間にあの世行きです。

予防のために、栓の上からお風呂・水槽用のすき間埋め材(セメダインバスコークN透明など)を盛っておくと安心です。
これも固まってからしっかり洗い、さらにあく抜き(何回か水を張って捨てる)します。

長くなったので、植え付け容器についてはこの次に。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。