電子メールの宛名表記考

最近知人から教示のあった「メールアドレスの書き方」についての検証をしてみました。
ルールを知ってアドレスを正しく書かないと、正しい宛先に届かないこともあるよ、
というおはなしです。

メールアドレスの構造は「ユーザ名@ドメイン名」となってます。
例えばエレキ株式会社の電子太郎さん、メアドは「 denshi-taro@ereki.jp 」とします。
※架空のアドレスです

メアドだけだと、その持ち主が誰か、すぐに分かりづらい事も多いです。
それを解消するのが表示名(display name)です。

例えば実際にメーラーでアドレス帳登録し、そこから送ると、
「 電子太郎 <denshi-taro@ereki.jp> 」という文字列がTo:に入ります。
「 表示名 <メールアドレス> 」という構造です。

昔は表示名は半角英数字での記述が望ましいと言われていたこともありましたが、今は日本語表記が一般的に使われています。
表示名に使わない方が無難な半角記号類があります。「 , ” < > @ . 」など。

例えば表示名「電子>太郎」だと、ダブルクォーテーションでくくる必要があります。
→「 “電子>太郎” <denshi-taro@ereki.jp> 」

それでも、メーラーやサーバのアドレス認識の実装によっては、きちんと解釈してくれない場合もあり得るので、注意が必要です。
この辺、私も完全に把握しているわけではありません。
正しくはRFC5322(2822)などを参照してください。

では実際に、手元のPCに入っているメーラーで、くくらずに「 電子>太郎 <denshi-taro@ereki.jp> 」を宛先とした場合の挙動の違いを、以下の3点で比較してみました。

1.Toヘッダに直接書いて送信したとき、どう処置するか
2.メーラー付属のアドレス帳に記述して登録したとき、またアドレス帳から宛先を選んで送信したときどうなるか
3.” ” でくくられていないメールを受信したとき、どう扱うか
  (アドレス再利用時への配慮)

【Outlook Express 6.00.2900.5512】
1.” ” でくくらず、そのまま送ってしまう ×
2.” ” でくくらず、そのまま登録・送信 ×
3.” ” でくくらず、そのまま保存 ×

【Windowsメール 6.0.6001.18000】
1.” ” でくくらず、そのまま送ってしまう ×
2.” ” でくくらず、そのまま登録・送信 ×
3.” ” でくくらず、そのまま保存 ×

【Office Outlook 2007 SP1 12.0.6316.5000】
1.” ” ではなく、 ‘ ‘ でくくって送信 ?
2.” ” でくくらず、そのまま登録・送信 ×
3.” ” でくくらず、そのまま保存 ×

【Datula 1.52.01.01】
1.” ” でくくらず、そのまま送ってしまう ×
2.アドレス帳の氏名等は表示名として使わない仕様(アドレス部のみで送信) △
3.” ” でくくらず、そのまま保存 ×

【nPOPQ 1.09b (nPOP 1.09)】
1.自動的に ” ” でくくって送信 ◎
2.” ” でくくらずに登録するが、送信時に自動的に ” ” でくくる ◎
3.” ” でくくらず、そのまま受信(基本的に保存しない仕様) ─

【Thunderbird 2.0.0.21】
1.自動的に ” ” でくくって送信 ◎
2.” ” でくくらずに登録するが、送信時に自動的に ” ” でくくる ◎
3.自動的に ” ” でくくって保存 ◎

【秀丸メール 5.15】
1.自動的に ” ” でくくって送信 ◎
2.登録時に自動的に ” ” でくくる ◎
3.自動的に ” ” でくくって保存 ◎

限定的な条件でのテストなので、あくまで参考程度にごらんください。
やはり新しいメーラーは、細かいところまで気配りが行き届いてますね(某社製除く)。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。