カーオーディオいじり、再開

公私とも忙しくなり、1年以上放置していたこのブログ。

ヒマになったわけじゃないけど、カーオーディオいじりを再開したので、自分のために「とりあえず、書いておく」のコンセプトで再開。

ブログと同様、塩漬けだったフィットのオーディオグレードアップ、1年前の構想からミッドバスを入れ替えることにした。
Mach5のMLI-65は音の確認すらしてないけど、サイズ的にフィットにマウントするのがかなりきつそうなので、他のを色々探してみた。

TWがWavecorなので、ここのカー用6.5インチがほしかったが、国内外探しても購入できるところがなくて、仕方なく断念。

結局採用したのがこれ。SB AcousticsのSB17NRXC35-4
ディメンジョンや重量はMLI-65と同等だけど、マウント後部のフォルムがスッキリしているので、多少はインストールしやすそう。

f得で4~10kHzのレベルが高いのが気になるけど、ネットワークは当初構想から変えず、同じリンクウィッツライリー2次の2.5kHzクロスで行く。

さっそくアメリカのMadiSoundからユニット、ネットワークパーツ類を通販で購入。
ここは7~8年前にも利用したことあるけど、相変わらず仕事が早いです。

SB Acoustics
届いたユニット。ガスケットとして発泡ゴムっぽいのが接着されているが、気に入らないので除去する予定。

ネットワーク図
裏紙になぐり書きしたネットワーク図。インピーダンス補正も入れてます。

実際にパーツを仮配置。
パッシブパーツ配置
個々のパーツに少々よいものをおごった結果、デカすぎてカー用の市販パッシブにあり得ない大きさになってしまった。

内装カバー
納める場所に頭を悩ませるが、Rは運転席ダッシュ下カバーに載っけ、Lは発煙筒の上になんとか納めることにする。
パッシブ納め場所

SPケーブルはAETのPRIMARY F125を採用。
CPが高いと評判のようです。かなりしなやかで、ドアの配線ブーツの中を通すのにえらく苦労した。
ドアにケーブルを通す
特に運転席側は既存のケーブルが多くて隙間が小さく、ブーツの蛇腹を思いっきり絞って針金を通し、ケーブルを引っかけて渾身の力で引っぱり、ようやく貫通。

デッドニングはやり過ぎず、ほどほどで止める方針。
アウターにはレアルシルトをまばらに貼り、その上にレアルの拡散シート(ディフュージョン)を貼る。
デッドニング

インナーのデッドニングはユニットに近い部分だけ鉛シート等で穴をふさぎ、ドア後半の一番大きいホールはそのままオープンで残す。
SPホールカット
ちなみにSPホールは円形になるように、ホンダ特有の出っ張りを金のこでカットした。

TWはオンダッシュ用の45°スタンドを利用してピラーに逆さ付けする。
右TW設置
ドライバーシート最優先の設置で、助手席側は角度を少し運転席側に振る予定。
左TW設置

電源はプラスとマイナスをバッテリーから車室内に引き込む。これも無理せず5sq程度の太さにしておく。
電源線引き込み
バルクヘッドから引き込むのが大変そうなので、左フェンダーの中を通して、ドアに行くゴムブーツの脇から引き込んだら楽ちんだった。

以上がこのひと月ほどの動き。
続く。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。