裏山で出遭った巨大野獣にたたりなし

ご近所の居酒屋「凡日亭」のマスターが病から復帰した。
「よかった、よかった」と、また「天然きのこ卵とじ」を美味しくいただきながら幸せをかみしめていた昨夜のこと。
「明日、裏山できのこを採ってマスターにプレゼントしよう!」と急に思い立った。

・・そして今日。
昼間、野暮用の途中で某T公園に寄ってみると、ハタケシメジがそこそこ出ていた。
「こりゃいけるぞ」と思いつつ、その後も雑用に時間を取られ、家を出たのが夕方の4時ちょっと前。

日が暮れるのであまりのんびりもしてられず、さくさくと裏山を上っていくと、ハタケシメジとラクヨウがポツポツと見つかりだした。
拾いながら本命ポイントに着くと、かなりいい感じのハタケシメジ畑が広がっていた。
マスターに負担を掛けぬよう、石突きの上をナイフで切って、ゴミが極力入らないよう収穫。
思ったより時間を取られる。
だんだんと暗くなり、きのこが見えなくなってきてタイムアップ。

まずまずの収穫を抱えて山をてってこ下りてくると…

10数メートル先に大きな「何か」が、ぽーんと飛び出してきた。
「えっ?」と思い、恐る恐るくだっていくと、
シカ
4ポイントの立派な角を持った、でっかいオスジカだった。
それほど警戒する風でもなく、こっちをじっと見ていたが、やがて足元の草を食み始めた。
万一向かってこられたらさくっと負けるので、「触らぬ神にたたりなし」と、そーっと離れて山をくだってきた。

近年、札幌の山にもシカが増えてきて、このあたりでも数年前から糞や足跡は見ていたが、こんな形で遭うとはなあ。
正直ちょっとびびった。
まあ、別の黒い野獣でなくて、よかったとしよう。
きのこはマスターに喜んでいただけた。ヨカッタヨカッタ。

p.s.この3日後、住宅街の近くに「黒い野獣」が出て、この辺も立入禁止になったとさ。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。