海アメロッド選び

海アメ
さて、独断と偏見の「ゴツ目の海アメロッド」選び、このクラスはジャンルがオーバーラップしている。

1 ゴツ目のシーバスロッド
2 ライトなショアジグロッド
3 サーモンロッド
4 海アメ用ロッド

4は当たり前すぎてつまらない。あまのじゃくな私にはパス。

3は長いロッドが多いのと、ジギングには向かないアクションとの先入観がある。
「海アメにサーモンロッド」ってのもどうかなぁ、ということで選択肢からはずす。

ということで、1か2のジャンルから選ぶことにする。
1と2の一般的な傾向を比較してみる。

1 ゴツ目のシーバスロッド
・ジグに特化せず、プラグなどにも対応したアクションが多い
・ガイドはシングルフットで数は多め
・自重は軽め

2 ライトなショアジグロッド
・ジグに特化したアクション
・ガイドはダブルフットで数は少な目
・タフさに重点を置いているので、自重はやや重め

私自身、もういい歳で腕力もさほどある方ではないので、1の方で良いのがあればそれがいいのかも。
長さは、今使っているハートランドXが10フィートで、もう1本のDIALUNAが10.6フィート。
これくらいが私にはジャストと感じるので、10~11フィートあたりに限定する。

とりあえず価格は気にせず、ネットで候補を収集してみた。全部で24本も集まった。
【ゴツ目の海アメロッド 候補リスト】

実は今回、ネット情報だけを元に買ってみる予定。

ロッドというのは、実際に試さないとなかなか分からない商品。
どの段階でどの程度分かるか、私なりの認識はこんなもん。
・カタログ、ネット情報 3割
・釣具屋(屋内)で伸ばしてみる 5割
・屋外で素振り 6割
・フィールドで実際にキャスト 9割
・魚を掛けてファイト 10割
海アメ、釣ったどー!
釣具屋に試したいロッドがないことの方が多いし、それならまずはえいやっと買ってみて、試して合わなかったら売ればいいだろう、という考えで進める。

さて、これだけのリストからどう絞り込んでいこうか…
目標は2オンスのジグが問題なく投げられることだが、カタログの適合ルアー重量は絶対的な基準ではないので、横並びで比較はできない。
ここまでデータを並べておいて言うのもナンだが、あまり数字に引っ張られるのはよくないだろう。

ここから独断と偏見で選抜してみる。
A これなら選ぶのは個人的に「あり」だな、と思えるもの
B 「次の1本」として選べるかと言われると、うーん、ちょっと…というもの

で、Aとして残ったのが安い順に以下の8本。
1 シマノ コルトスナイパー S1000M
2 ダイコー クロスブリード CBSS-111SRS
3 PALMS-ELUA ブルービジョン BVKS-103MH
4 XESTA ランウェイ 10M
5 メガバス シャドウXX SXX-110M
6 シマノ エクスセンス S1100H/R
7 ダイコー タイドマーク・アルテサーノキャステイシア TMACS-100/10
8 ufmウエダ シューティングシャフト<ボロン> STB-112FX-Ti

この中でも2,3,4,7あたりが気になる。
私がケチじゃなかったら7に行ったかもしれない。

しかし先日、2のクロスブリードの別モデルを近所の釣具屋で試した時の印象がなかなか良かったので、「ダイコー クロスブリード CBSS-111SRS」に決定。
少々自重が重いのが気に掛かるが…まあ何とかなるでしょう。

某通販サイトで30,870円のをポチる。思ったより安く付いた。
しかし、そのサイトでダイコーのプレミアPMRS-92MLのラスト1本が60%オフの10,700円、というのを発見!
追加で思わずポチってしまった。
これだけ手間を掛けて1本を選んだあとに、あまりにも安易すぎるなぁ。

予想外の展開で海アメ・海サクラ用のロッドがML,M,MHと3本揃う羽目に…
まあ、結果オーライとしますか。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。