ロッドを試しに積丹へ

先日買った海アメロッドをなかなか試す機会が来なかったが、表積丹なら近いし、じゃあ明日行こう、というノリでY君と行ってきた。

時折吹雪く中クルマを走らせ、1.5時間ほどで美国の小泊海岸に夜明け頃に到着。
先客は誰もいない。

まずはクロスブリード111SRSの竿おろし。
最初は使い慣れた40gのジグから始めて、50g、60gとウェイトを上げてキャスト、リトリーブ。

この竿、60gもじゅうぶん余裕をもってキャストできるパワーを持っている。
しかし、私の腕力の方が負けてしまい、バビューンと飛ばすことができず、中途半端な飛距離になってしまう。
50gはいい感じでキャストできる。ベストウェイトはこのあたりかな。
ただ、1日中これを振るのは、私には相当キツイだろう。
30g程度のジグミノーもふつうに飛ばせるが、もっと軽快なDIALUNAの方が使い勝手はいいので、重めのジグを使いたいシチュエーションに用途は限られるかも。

さて、釣りの方に話を戻す。
波は2mとそこそこあり、切れた海藻などのゴミが多く、ちょっとやっかい。
始めて30分ほどでルアーマンが2人入ってきた。
結局誰も何も釣れず、7時半頃にはみんな上がってしまった。

次は古平川河口に入った。
古平河口
先客のクルマが1台、と思ったらサーファーだった。
「このクソ寒いのによくやるなぁ」と思ったが、私らも人から絶対そう思われてるだろうなー。
ここも当然のように何もなし。


沖村川河口は右の駐車場下に1人先客がいた。
…特に書くようなことはなかった。

札幌に戻り方向で、かわぐちに寄って情報収集。
バーサスのスリムタイプがあったが、最近ルアーが増殖気味なので、ここはぢっとガマン。
当然、ちゃんと別の買い物はしてお店に貢献はしたけどね。

帰りに余市川でタックルの塩抜きをしようと思い、訊いてみたが「最近は情報がない、氷が張ってるかも」とのこと。
でも行くだけ行ってみた。
余市川

…川に出てみると、ほとんど氷が張っているが、なぜか体育館裏だけ開いていたので竿を振ってみた。
体育館裏
今度はオマケで買ったプレミア92MLを試す。
この竿、硬い竿好きの私にとって、予想以上にやわくて戸惑うが、プラグ専で使うなら海アメ・海サクラでも行けるかも。

…塩抜きも無事終わり、帰札の途へ。
帰りにY君情報で余市のラッキーに初めて立ち寄る。
…ホームセンターとは思えない、マニアックな釣りコーナーの品揃えにあぜん。
ホームセンターでステラを売ってるって…。
ショアラインシャイナーSL14LDS-Gが特価の980円だったので、今度はガマンできず1個買ってしまった。

今日の海ポイントは、もう少し暖かくなったらサクラ通いで楽しみ。
今日は寒かった。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。