河口巡り@精進川&掘株川

この土曜日は、Y君から「行きませんか?」と誘われていたが、年度末で仕事の段取りが付くかビミョーだったので返事をしなかったら、Y君は島牧に行って51cmのアメを上げたとのこと。

私も何とかぎりぎり、睡眠3時間を確保して3時半にひとり旅立った。
どこに行こうか迷ったが、昼過ぎまでに帰るよう指示が出ていたので、あまり遠出もできず、精進川河口に決めた。

夜明け直前から右岸側の端付近で釣り始めたが、まったく反応なし。


釣り人は全部で10人近くいたが、私の見る限り、釣れたような気配はなかった。

完全に明るくなると、沖目にでっかい茶色い影が1個左右するのが見え、トド?こいつのせい?というわけで、他の釣り人も7時過ぎにはほとんど去っていった。

まだ時間はあるので、札幌に戻る方向でどこか…と考え、とりあえず堀株川河口を目指し、よさげな所があれば途中下車、のプランで車を走らせる。
堀株川河口はこれまで入ったことがなく、状況を見るためにまずは左岸側に行ってみた。

河口からすぐ、延々とテトラが入っていて釣りづらそうな状況。それでもテトラの上からやっている人はいたが…

右岸側の浜を見ると、人は何人か入っていて、遠目に見ても釣りやすそう。
車で迂回して、右岸に入った。
右岸は車が10台以上は来ていた。

テトラで囲まれている海水浴場で、ウキでやっている人が何人かいた。
ルアーの人もいたので私も少しやってみたが、反応なし。

浜でカラスが何かにたかっている。
何だろう?と行ってみると、海獣(トド?)の死体だった。

そこから河口に近い側の浜ではルアーマンが何人かいたので、横に入る。
10時過ぎに隣の人が1本上げた。隣といってもちょっと離れていたが、サクラのようだった。
もう帰ろうかと思っていたが、それを見て11時まで粘ることにした。が、ダメだった。

上がってきたおっちゃんから、今朝は浜全体でサクラ3本とウキ釣りでアメが何本か上がったと聞いた。
今日は私はダメだったが、近場のサクラも本格化が近そうだ。


今日初めて使った「バイオマスターSW4000XG」、ハンドルの回転の重さはさほど気にならず、よい感じ。
ただ、ハイギヤ比なので、いつもの調子で巻いていると3割増しのスピードになり、ルアーのアクションも変わってしまう。
このあたりはもう少し使い込んで慣れるしかなさそう。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。