積丹・野塚で海アメ

ここのところ荒れた日がずーっと続いていたが、ようやく小康状態の予報が出た。
前回の瀬棚海アメは、サイズはともかくシーズン初海アメを出したので、今回は近場で積丹方面に向かった。

野塚
札幌は例年になく雪が多いが、積丹先端はそうでもなく、野塚の駐車場も開いていたので、まず朝マズメは駐車場下に入ってみた。

サーフには私を含めてルアーマンが3人。
波やや高
ちょっと波は高めだが、ゆるい追い風で、十分釣りになる。

しかし反応がないので、左の岩がごろごろしている所に移動した。
ランガン

足場のよい岩に乗って、多少沖目までキャストすると、ヒット!
海アメキャッチ!
緑のジグ(オーパス928・45g)に来たアメは40cmちょい。

結局、野塚ではこの1本のみ。
今日は昼戻りであまり時間がないので、もう1か所、来岸漁港に行ってみる。
ここは荒れたときの逃げ場になりそうなので、その下見を兼ねて。

来岸漁港内
まずは港内の船揚場の横にある小さな砂浜。
カタクチの群れがいたが、ルアーにはまったく反応なし。

次に、漁港と岩場の間の小さな砂浜。
来岸漁港横
ここはさっきの港内よりも多少波がある。
バイブレーションプラグに追いがあったが、何だろう。
そのあと、スプーンに独特のアタリがビビン!とあったが、乗らなかった。
どうもホッケくさい。

追加のアメは出なかったが、今のところボーズなし。
今日もリフレッシュできたので、よしとする。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。