積丹彷徨

この冬は、特に週末ごとにとんでもない天気になって、ほとんど釣りどころではなかった(らしい)。

3月に入ってもそんな感じが続いていたが、「何とか釣りになるかも」と、久々にY君と積丹に出掛けてみた。
「先に言っておくけど、今回はボーズだからねっ!」

予報では南西方向の風が強いので、裏積丹は厳しそう。
それでも最初は神崎の浜に入ってみた。
荒れ気味
風、うねりとも結構きつい。

早々に神威岬の風裏側に移動。
余別河口
余別河口には先客が2人。釣りにはなりそうな状況。

がんばる
ちょっとがんばった。

あちこち
その後、来岸の港内、某消波ブロックの内側などにもルアーを通してみた。

帰り道、かわぐちで余市川の情報を仕入れ、体育館裏、河口にも入ってみた。
体育館裏にはそこそこ人がいた。

導流堤・漁港には、カワガレイ釣りの人が入っていた。
河口横の浜で、追い風に乗せてジグをぶん投げて発散しておしまい。

今年は釣りに入れる日が少なかったので、プレッシャーが下がってるかも。
「このあと春めいてきたら、期待しちゃうからねっ!」

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。