修行の足りないバウズ

「そろそろ息抜きしないと…」と自分で自分に言い訳して、何とか積丹に出撃。

kayak-340での釣りスタイルも、だいぶ固まってきた。

ホームセンターで買った流用品も多く、魚探のケースは調味料入れ、アンカーロープ巻きは散水用のホースリール、フラッグポールはガラスワイパーの柄、と何でもあり状態。
オールは指定のブツを買ったが、何と持ち手側が長すぎてぶつかってしまい、左右交互に漕がないと具合が悪い。
ならば…とカヌー用のパドルを試したら、これがとてもイイ!感じ。

出港準備完了
「たにのぉ、なみまにぃ命の母がぁ~♪」
ホンダ2馬力エンジンは、先日初のエンジン&ギヤオイル交換をしたし、いい感じで働いてくれる。

出航
朝方は曇ってたけど、そのうち陽も差してベッタラ凪ぎに。

時おり、ブリっぽいハネとか、ナブラっぽいのとかもある。
ブリの群れが真下を通ったのも見えた。
でも、う~ん、釣れない。
なかなか釣れないと、ジギングって疲れるしタイクツでもある。

日和って浅めの岩場に移動すると、遊んでくれるヤツがいる。
遊び相手
すまないねぇ。

アブラコちゃん
アブラコちゃん。

浮気を終えて、また深場に移動。
他の船もあまり釣れている風はないけど…釣れた。
イカナゴちゃん
なぜかイカナゴちゃんにフッキング。トホホ。

やる気が続かず、出航場所に戻ると、ゴムボからしゃくってた人が7キロぐらいのを1本上げていた。
他人のブリ
ワシは根性が足りんかった、と反省…。

じゅうぶん反省したところで、ウニ丼を食して帰途へ。
色内埠頭
帰りに小樽の色内埠頭を視察。
お目当てのマイワシはあんまり釣れてなさそうだった。

まあ、いい気分転換にはなったのでヨシ!とする。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。