サクラ de トリオ

週末、サクラマス狙いにはコンディションがよさそうな予報。
んでもって、土曜の早朝(深夜)、ちょっと早めに家を出た。
向かうはおきまりの積丹方面。
濃霧注意報が出ていて、特に美国から先は霧が濃いところもあって慎重にドライブ。

着いたらまだ真っ暗だったので、某漁港でちょっとエギを振ってみた。
ウグイがたくさんウロチョロしているが、イカ氏の反応なし。

すぐに東の空が白みかけてきたので、昨シーズン1尾目を釣ったサクラポイントに移動。
ここは自分の中では、かなりのお気に入りポイント。
釣り人は右手奥の浜に1人見えるだけ。
今日は小学校の運動会が多いせいで空いてるのかも。
朝焼けの浜
まだ暗いが、小波、若干の追い風で釣りやすい状況。
少し立ち込み、水中の岩を足場にポイントを決め、ミノーをキャスト。

3:30頃、早引きで10投目ほどだろうか、手前10mほどのところで「ドン」とヒット。
暗くてよく分からないが、そこそこデカそう。
ラインは強めなので、フック外れだけを心配しながら、エギングロッドでいなしつつ、無事タモ入れ。
ボケてるけどキャッチ
まずまずのサイズだが、カメラのマクロモードを切り替え忘れてて、思いっきりピンぼけ。
なかなかのサクラ
とりあえずクーラーボックスにしまったが、あとで長さを測ったら58cmだった。
ヒットルアーは、これまたいつものショアラインシャイナーSL14LD S-G。カラーはサケ稚魚リアル。
その後は反応ナシ
その後も続けるが、ハネを含め反応なし。
6時過ぎに移動した。

霧の漁港
幌武意漁港の様子を見に行った。ここも霧が濃い。
カレイねらい
外防側はカレイ狙いっぽい人が多い。
東防の先っちょでエギを投げてみるが、反応なし。
ここで時間を潰すのも無駄っぽく感じたので、帰りに小樽方面でもみてこようかと、8時頃に移動。

某ポイント
途中、先週のポイントが霧も立ちこめていて何かとてもよさげに見えたので、やってみることにした。
人は誰もいない。

少しずつ立ち位置と投げる方向を変えながらミノーを早引きしていたが、PEラインの途中がループ状にスプールから出てしまっていて、気付かずにキャストしたら、ループの先がラインでこすれて切れてしまった。
40~50mほど飛んでいたが、切れたところから先のラインを捨てるのはもったいない、というケチ根性で、素早く電車結びで応急処置した。
そのまま巻き取り、気をつけてキャストしたら問題なく飛んだので、ホッとしてリトリーブしていると「ゴゴン!」とヒット。
これがギランギラン、元気いっぱいのサクラで、朝のサクラよりファイトがすごい!
さっきの電車結びも心配だったが、急ぎつつきちんと締め込んだので、何とかもってくれた。
エギングロッドもファイティングパワーは十分。
無事タモ入れ
数分のやりとりで、無事タモに納めた。
54cmのオス
朝の58cmよりやや小ぶりの54cmだが、あとで見たらオスだった。
ルアーは同じくショアラインシャイナーのオオナゴ。

その後もカラーローテーションしながら、ほぼショアラインシャイナーのみで攻めてみた。
アルミッシュサクラ(全身ピンク)に替えると動きがよく見えたので、アクションの付け方をいろいろ試しつつ引いていた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
早引きしながらロッドを手首のスナップでタイミングよく軽く左右に振るアクションが、ウォブリング幅が大きくなってアピール度がアップするように感じた。
そのピンクのアクションに、さっきと同じくらいのサクラが反応してすごい動きで追ってきたが、口を使わせるまでに至らず。
オオナゴカラーに戻して左右に投げ分けていると、少々沖目でヒット。
今度はちょっと小さめ、45cmほどだろうか。
フックの掛かりどころがよかったので、素早く外してリリースしたら、ビュン!と元気にダッシュして帰った。
そういえば、今日ヒットした3尾はすべてテールフックをくわえていた。
ベリーのフックはなくてもいいのか?
ちなみにミノーを含め、ルアーのフックはすべてシングルに統一している。
トレブルより勝負が遅いかもしれないが、これはまったく個人の気分の問題。

ここでのアタックは1時間弱だったが、とても楽しめた。
余韻にひたる
ここ最近はエギングロッド(パームス アーマークラッド FOAS-93M)でサクラを狙っている。
ガイドがローライダーだが、ミノー中心で、35gぐらいまでのジグ、ジグミノーならじゅうぶんいい感じで使える。

今シーズンのサクラは、これまで丸ボーズだったが、今日はいきなり3本!
これで三本締め!ということでいいかも。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。