岬めぐり(陸Ver.)

きのうブリ釣りに行ったばかりの積丹に、連日で出撃した。
といっても今日は竿を持たず、今が旬のウニ丼を妻と食べに行くのが目的。
来岸にある、夏季限定オープンの「なぎさ食堂」、うまかったデス。

さて、ウニ丼食って帰るだけ、というのも芸がない。
しかし今日は(釣り)道具の仕込みもない。
というわけで、フツーの観光路線で行こう!ということで、積丹の有名な観光ポイント、神威岬に行ってみた。

実は神威岬には、釣りで何度か行ったことがある。
草内のうしお食堂の所から、足場の悪い海岸沿いを30分ほど歩くと、手掘りの「念仏トンネル」があり、そこを抜けたところに「水無立岩」というポイントがある。
最初に連れられていったのは、もう25年以上前。
それと去年は、マイボートで神威岬の近くまで2回アプローチした。

ところが、普通の神威岬(観光地)には、これまで一度も行ったことがなかった。
とゆーわけで、いい機会なので行ってみた。
すると、駐車場はクルマだらけ。岬までの道は人だらけ。
kmmk01
「神威岬って、人の来ない淋しいところだよね」というこれまでの自分のイメージが、完全にひっくり返った。
岬の先端までは結構遠そうだけど、「せっかく来たんだから」と、有無を言わさない人々の流れに混じって、目指して歩き始めた。
途中、水無立岩とトンネルが見えた。
kmmk02
この辺は磯物がよさそうなポイント。
kmmk03
まだまだ、先は長い。
kmmk04
約30分後、やっとこさ、先っちょに着いた。
kmmk05
去年はボートで近くまで行った、おなじみの神威岩が間近に見える。
kmmk06
ここでパシャッと記念撮影。
kmmk07
んでもって、いま来た道をのんびりと引き返す。
岬の南側の海岸線。ハマナスなど、初夏の花が風景に彩りを添えてくれている。
kmmk08
フウロも所々にひっそりと咲いていて、かわいい。
kmmk09
エゾカンゾウも、ちょうど見頃。
kmmk10

駐車場に戻ってきて、お約束のシャコタンブルーソフトをいただいたあと、ついでなので積丹岬方面にも観光に行った。
kmmk11
こっちでは、トンネルを抜けた先の島武意海岸で写真を撮っただけだが、珍しく釣りとは無関係な「岬めぐり」の1日となった。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。