二人でニンジン号

先日購入したジョイクラフトのキャロット303で、妻と初出航してきた。

膨らませてカートップしていったが、フィットだとぎりぎりな感じ。
風の影響も大きいので、Kayak-340のとき以上に気をつかって積載する必要がある。

目的地は神威岬沖。
3連休の中日ということもあり、道中の積丹の浜辺にはクルマとテントがびっしり。

初ドーリーは、平坦地は超楽ちんだが、きょうは想定外でゴロタ石の浜から出すことになり、車輪が石に引っ掛かって少々難儀した。
妻だと二人運搬にはちょっと力が足りないので、キャロットを出すときには場所を選ぶ必要がありそう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
準備に少々手間取り、出航は5:40。
cr0720-02
天気も波もまずまずのブリ日和。
やはりKayak-340より巡航速度は落ちる。GPS読みで8km/h台。
カヤックだと10km台出るので、ちょっとかったるい。

水深50mラインの手前で釣り始める。
魚探にはそこそこ反応がある。
とりあえず妻にはスロジギタックルを渡すが、このアクションで食ってくるブリも… まあ、絶対いないとは限らない。

ほどなく私のジグにヒット。ブリの引きでボートが回ってシーアンカーのロープが手前に来てしまったので、ロッドを妻に渡してロープを回収。
そのまま妻にブリとのファイトをまかせた。
cr0720-03
色々とレクチャーしながら、何とか無事にタモ入れ。
近くにいた乗合船から「オーッ」と歓声が上がったので、妻と手を振って応えた。
少々はしゃいでいたのが、目立ってたようで…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
妻にはとても持てないサイズなので、私が持ってパチリ。
例によって1本でクーラー満タンになってしまった。
ヒットルアーは実績のディープスライダー剱180g緑金。

ここからは、先日買ったハオリジグ(フラッシングハオリ 170g ブルーバックピンクベリー)のテスト。
引きおもりもなく、動きもよさそう。
…と、ここでヒット!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今度はちょっと小さめちゃん。
調子が出てきたところだが、妻が船に酔ってしまい、仕方なくいったん出船場所に戻った。
まだ1時間ほどしか竿を出していないので、一人でもう少しやらせてもらうことに。

朝もそうだったが、ポイントに向かう途中の水深30m近辺で時々ハネが見られた。
ナブラという規模ではないが、アレを狙い撃つのは難しそう。

朝の場所よりも余別寄りで、ボートが集まっている近くにおじゃまする。
今日は水深40~50mあたりがいいみたい。
3本目をハオリジグでゲット。
cr0720-06
ピンぼけですが…

ちょっとここでお遊び。
cr0720-07
秘密兵器?のアンチョビミサイルを発射。
アクションの付け方がよく分からないが、ゆっくり目にしゃくっていると、底近くでヒット!でもちょっと軽い。
cr0720-08
ホッケちゃんだった。

ラスト、少々型のいいのがハオリに食ってきた。
cr0720-09
強烈な引きを楽しみながら上げてきてタモ入れ、最後はリリース。
cr0720-10
10時過ぎに竿を上げた。
1日4本は、自分としては上々の出来。
ハオリジグも、お気に入りになった。

帰りは、札幌方面からの車で対向車線はかなりの渋滞。
いやはや、おつかれさまです。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。