小樽でマメイカ

今シーズンラストのマイボート出航、この連休も狙っていたが、風・波の状況はダメっぽい。
さて、連休をどう過ごそうかと考えていたが、小樽でマメイカが釣れ出したらしい。

エギングを始めたのが去年の11月。ハマりつつあるけど、まだまだ経験不足。
春のマメイカ釣りには期待していたが、今年は全然来なかったようで、早々にあきらめた。
それだけに秋からのシーズンは期待大。

今回は夜中から午前中に掛けて釣ることに。
小樽港某所で午前2時すぎにキャスト開始!……え~と、どうやって釣るんだっけ?
しばらくぶりなので、釣り方をすっかり忘れていた。
カンを取り戻すのに少々手こずり、やっとこさ1パイ目。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ち、ちっちゃい!

徐々にコツを思い出し、へっぽこながら少しずつ釣れだしてきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スッテ7にエギ3ぐらいの割合で掛かってくる。

そのうち、ブルブルッと魚が掛かった。
「サバか?」と思ったが、かなり重たい感じ。
寄せてみると、35cmほどのウグイがスッテをしっかりくわえていた。
やわいメバルロッドなので、無理に引っこ抜いて折れたら最悪。
隣の人も見かねて駆け寄ってくれたが、0.4号のPEを持って何とか引き揚げた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そうこうしているうちに、夜が明けてきた。
明るくなると、アタリが少々遠のいたので、移動することに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
港内の某所。サケ狙いの人たちがたくさんいてビックリ。

連休中日の好天のせいか、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
色内埠頭とか、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
北浜岸壁も人だらけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
結局、去年最初にエギングを始めた厩町岸壁に来た。
ここも人は多いが、ほぼ無風で釣りやすそう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
釣り座を確保して、底を取りながら引いてくると、まずまずのペースで上がり出す。
周りではチカ、ハゼ等がポツポツ上がっている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
となりの子どもがイカに興味津々で見に来たので、バッカンに入ってるのを全部、おすそ分けしてあげた。

ここではすべてスッテに掛かってきたので、エギはオモリ代わりと考えて、重めのエギで早く底を取るのが具合よかった。
それでもだんだんアタリが遠のいてきたので、10時頃に上がった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
北防から外海を見にいったら、そんなに荒れていない感じ。
こんなんでも、積丹先端からマイボートを出すのは、厳しいだろうなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
結局、マメイカは夜14杯、日中11杯の計25杯。
自分としてはたいした釣果。
美味しくいただきました。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。