マメイカ通い

いまが釣り頃の小樽港のマメイカ、何とか週1ペースで通っている。
今週は金曜の夜、仕事を終えてからの出撃。
ちょうどMさんからイカ釣りの問い合わせがあり、現地で落ち合うことに。

場所はまず、厩に入ってみた。
現地はマメイカの人たちで繁盛していた。
何とかスペースを確保して釣り始めたのが19時半頃。
投光器をセットするが、両隣に明るいのがあって(というより、私のがみなさんよりショボい)、効果があるのかよく分からない。
それでもラインが見えると格段に釣りやすくなる。

みなさん、真下かチョイ投げでやっているので、私もそれにならう。
隣で初心者に教えている人が、結構いいペースで釣っている。
「…エギが沈んでラインが引っぱられるのが一瞬止まるから、そこで上げればいいんだよ」等々レクチャーしている。
ふむふむ、勉強になるなぁ。

何とか4杯上げたところで、周りも含めぱたっと止まってしまった。
20時半すぎに、仕事を終えたMさん到着。
でもやはり、釣れない。ポイントを変えることにする。

次のポイントは、前回来たときより釣り人が少ない。
聞いてみると、「ヤバイくらい釣れない」とのこと。
今日は港内どこもダメかも、という気がしてきたが、ここで竿を出すのはやめて、まずはなか卯で腹ごしらえした。

そのあと、前回Mさん親子と行った別のポイントに入った。
隣の人が投光器を付けてチョイ投げで、なかなかいいペースで釣っている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
隣の人には及ばないが、こっちにもボチボチ掛かってくれる。
Mさんは12時頃、明日の仕事があるので先に帰った。
隣の投光器の人も、しばらくして帰った。

すると、私の貧弱な投光器に小魚の群れ(カタクチ?)が寄りだした。
何かに追われるような動きをしながら、照らされているところをグルグルと泳ぎ回っている。
このあと、イカもいいペースで釣れ出した。
今日の当たりエギは、1.8号の夜光ピンク。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スッテとダブルヒットも2回あった。

夜も更けて、だんだん寒くなってきたので、イカ釣り用に買った手元暖房器(ニチネン ミスターヒート)を使ってみた。
カセットボンベで手軽に使えて、手足を温める程度なら十分。
風の強い日、氷点下の日も使えるかはまだ分からないけど。

バッテリー残量が少なくなって、ますますショボい光量になる中、カタクチ達はずっと居残ってくれている。
そして時折、イカが出現してカタクチを襲っている。やはりマメイカが付いているようだ。
途中、なぜか70cmぐらいのサメ(種は不明)も明かりのところに出現。
夜明け近くなってくると、マメイカの群れが浮いてきて、カタクチを襲い始めた。
見えているイカは逆に釣りづらく感じたが、それでも少し数を伸ばした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
帰って朝の犬の散歩に行くつもりだったので、早朝の釣り人が来はじめた5時半に終了。
まだイカの群れも見えていたが、キリがない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
帰って数を確認すると、私が釣ったのは65杯。
1日の自己記録をダラダラ釣って更新した。
サイズは、大きめので30g強。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お刺身、イカ大根、ゆでイカ等で美味しくいただきました。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。