積丹ランガン、ナマコ→イカ(マメ→ミミ→ヤリ)→海アメボーズ

さてさて、最近はマメイカのご機嫌伺いばかり続いていたが、気がつくと海アメの季節。
しかし、イカにも未練が…ということで、積丹にハシゴ釣行に出掛けてきた。

晩メシ食ってから、自宅を出発。
まずはちょっと小樽港に立ち寄ってみた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょうどフェリーの到着時刻。
釣り人がすごく少ないが、どうしたことか…。 分かった、釣れないんだ。
ポイントを変えて計1時間強やってみたが、海中の痴的生命体との交信は失敗。

続いて、積丹の玄関口へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夜の11時。いきなり、なぜかナマコとコンタクト成功(リリース)。
ナマコ2匹目が釣れて(リリース)、速攻、港内の別ポイントに移動。
こっちはそこそこ釣り人がいるので、ちょっと期待。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
間もなく、ラトル1.8号にマメがヒット。
しかし、そのあとが続かないので早々にラン。

次は、自分の中ではノーマークだった港へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
港のどこで釣れるのか、イメージがわかなかったが、よく見ると墨跡が結構ある。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずはヒイカSP1.5号でゲット。
そのあとは金アジ1.5号にいい調子で乗ってくる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今季初のミミイカも釣れた。
去年、ビギナーだった頃はマメよりもミミイカハンターだったのがなつかしい。
釣り座をあちこち変えて計12ヒット。ここは期待が持てそうだ。

さて、一気に先っちょ近くの港へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「北の探査船号」は、8月と変わらず、そこにいた。
釣り座をかまえて、あちこちにエギを投げまくるが、反応なし。
ここまで寝ないでやってきたので、ついウトウトしてしまったときに、スッテに乗った。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
・・このときはマメイカと思い込んでたけど、帰ってからよくよく写真を見ると・・ヤリイカだった!
思いがけず、イカ3種キャッチ!
この1パイでエギングは切り上げ、海アメにチェンジ!
入ろうと思っていた野塚が、想定以上に波が高いのであきらめ、近くの別ポイントに入った。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここも波は結構あるが、やってやれないことはない。
こんな状況だと、剛竿クロスブリードでジグをぶん投げるしかない。
最近は繊細(軟弱?)な釣りばかりだったので、強い竿を振り回しただけでカラダにきそう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
だんだんと波はおさまり加減だったものの、結局アメマスは反応なし。
さすがに眠いので、仮眠してから帰途についた。
これから海が荒れる日が多くなり、行ってみたら竿を振れる状況じゃなかった、ということも考えられるので、イカと海アメの二刀流で行くのもアリかも。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。