積丹でマメイカ(ヤリは来ず)

さいきん小樽港のマメイカが渋くなってきているようで、先週に引き続き、積丹まで足を伸ばした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずは前回行ってそこそこ反応がよかった港へ。
小さい港だが、22時着時点で数人入っていた。
状況を聞いてみると「釣れないわけじゃないけど…」と微妙な返事。
今夜も南からの風があって多少釣りづらく、始めてみると前回よりもマメの反応が少々鈍い。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
それでもポツポツと乗せていく。
マメの型も大きくなる頃、またヤリもちょっと期待して、エギサイズは1.5号のほかに1.8号も織り交ぜて攻めてみる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その1.8号にミミイカが。
自分より大きいエギにアタックしてくる、カワイイのに「ど根性」なやつ。
ミミイカを食べる地方もあるらしいが、自分的にはリリース対象。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マメイカもそんなに大きいのは来ないが、そこそこの型。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
港内で場所を替えて数を追加し、10パイで次の港に移動した。
前にもエギングで来たことがある港だが、今回は初めてのポイントに入ってみた。
仮眠の車がいるだけで、釣り人は誰もいない。
かなり浅いようで、1.5号シャローでもふつうにフォールさせると必ず海藻に引っ掛かるほど。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここもスローペースだが、マメが乗ってきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
またしてもミミイカちゃん。結局今日だけで4ハイもきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
突堤の先に出てもマメがボチボチ、ヤリは来ず。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
何だかナゾの生物(ウミサボテン)もヒット?
また最初の浅場ポイントに戻ると、明け方に掛けてウキ釣りやエギングの人が増えてきた。
投光器を出している人がいたのでマネをして足下を照らすと、いっときマメイカの群れがエギに反応するのが見えた。
けどなかなか乗せられない。もう少し水深があれば…
朝7時までに帰宅予定なので、まだ暗い5時過ぎに納竿。
途中、無名の小漁港の下見をしたが、ノーマークのこういう場所もおもしろいかも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トータル21パイ。イカめしと炊き込みご飯にして美味しくいただきました。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。