はじめての小樽港沖堤渡し

久しぶりにMさん親子からお誘いがあり、小樽港の沖防波堤に乗ることになった。
以前から行ってみたいと思ってたけど、なかなかその機会がなかったので、お誘いに感謝。

ネットで調べると、今は株式会社ツウセンというところで渡してくれるようだ。
電話で問い合わせると、夜釣りは18~22時で、17時便もある(土曜だけ?)とのことなので、17時で予約を入れた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
17時便は私たちのほかに3人組がいて、計6人。
海進丸@150HPに乗船。5分ぐらいですぐに到着。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
渡った先は、北防波堤側の島堤。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さっそく釣り始める。
外側は手前からドン深なのだろう、と勝手に想像していたが、予想に反して、根固めのブロックが入っていて浅い。
内側はそれより少し深そうに見えるけど、やたら手前で根掛かりしやすい。
外向きの追い風だったので、もっぱら外側を攻めた。

明るいうちは14gのジグヘッドにシャッドを付けてデカアブ狙い。
しかし、ロックは最近ほとんどしていないので、なかなか勘が戻らない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
周りでは小ガヤを結構上げていて、私にもそれらしきアタリが何度もあるけど、フックが大きいせいかほとんど乗らず、食いしん坊さんがたまに掛かる程度。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
南防方向にランガンしながら探る。
堤防上はコンクリートの割れ目が所々にあるが、そんなに傷んでいない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なんとか35cmほどのアブを出したが、これ1本で打ち止め。
18時便でも6人ほど来て、各所に散らばっていった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
途中、堤体の中に埋め込まれた木材がむき出しになっている所があった。
この防波堤は長い歴史をもつと前から訊いていたが、帰ってから調べると、100年以上前に造られた、日本人の手による初の外洋防波堤とのこと。
堤防の天面は昭和に嵩上げしたもので、新しそうに見えた外側の根固めブロックは、近年の改修工事で入れられたものらしい。

暗くなってきて、5gジグヘッド+ワームに切り替えると、ソイとガヤ半々ぐらいで上がり出す。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
だんだん釣り方を思い出してきて、1キャスト1ヒットの時合いも2,3度あった。
数は結構出るけど、いい型は顔を見せてくれない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガヤは、おなかぱんぱんのが時々混じる。
卵胎生なので、子っこが入ってるのかも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
釣ったソイからフックを外すとき、口の奥にイカさんが見えた。
引っ張り出してみたら、ちっちゃいミミイカっぽいのが2ハイ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
やっぱりイカは数も多いし結構食べられてるんだなぁと、あらためて実感。
ミミイカとかマメイカをエサにしたら、すごく釣れそう。

22時、上がりの時間。
夕マズメ以降は風が強くて少し寒かったけど、十分な防寒対策をしていったので、さいごまで楽しめた。
お客さんは堤防上に広く散らばってたけど、ライトを付けて待っていれば、そこに順番に船が迎えに来てくれた。

結局、数は十分楽しめたけど、大きい方のサイズは出なくて残念だった。
おかずになりそうな型のだけ少々、キープさせていただいた。
他の釣り人の釣果は訊かなかったので分からないけど、デカいのとか出てたのかな?

今回のタックル
 パームス エルア アーマークラッド LVAS-83M
 シマノ 10バイオマスターSW 4000XG
 PE1号+フロロ3号
 エコギア グラスミノーL 湾奥オレンジ+ジグヘッド5g ほか

ロックの専用タックルは持っていないので、今回はイカ・サクラタックルを流用した。
最近は何でもエギングロッドで釣ってるけど、今回も非常に具合がよかった。

結果的には楽しかったので、また行って大物リベンジしたい。

p.s. この記事で紹介した「小樽港沖防波堤」は、残念ながら2016年から立入禁止になってしまった。
改正SOLAS条約によるものと噂では聞こえてるけど、そこは未確認。
ということで、これが最初で最後の沖堤体験となってしまった。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。