マイカのショアジギング?

マイカが釣れているとの情報で、裏積丹方面に急行!
のつもりが、妻も「一緒に行く!」とのことで、二人分の道具を用意して出発した。

現地に夕方5時過ぎに着。
ここのイカ情報、今週の釣り新聞にも載っていたので、すでにたくさんの車で賑わっていた。
身支度をして妻も何とか磯に下りたが、永久ビギナー連れでは、混み合っている先端のいい場所にはとても入れない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
手前の間隔が広い間に入らせてもらった。
投げの人も少しいるけど、ほとんどがイカっぽい。
たぶん暗くなるまで釣れないので、まったりキャストしながら暮れるのを待つ。
妻は、飛距離は出ないけど、それなりに真っ直ぐにエギを投げている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
と思ったら、10投ぐらいで終了。
腹ごしらえをしたあと「寒い」と車に戻ってしまった。
ひとり身軽になったので、どうしようかとも思ったけど、激混みの中に入るのは気が引けるので、ここで粘ることにした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最近は日が長くてなかなか暮れないけど、少しずつ暗くなってきた。
テーラー仕掛けの人たちの緑や赤の電気ウキもあちこちに浮かび始めた。
エギを色々投げるけど、反応はない。

たぶん沖から釣れ始めるのでは?と思い、イカジグタックルに切り替えた。
今回は笠針を付けた自作のマイカ用ジグを持ってきていた。
30gのジグと、上に夜光のスッテを付けて、バヒューン!と飛ばす。
完全に真っ暗になった頃、沖目で急に「ズン!」と重みが!
オマツリ?と一瞬思ったが、グイグイという生体反応に、イカだ!
慎重に寄せて上げると、スッテにマイカが掛かっていた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
人生初マイカに感激。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
続けて2杯目は、ジグに掛かってきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この重量感とパワー、何ともいえない。
3杯目はスッテに。
ここでアタリが止まった。
両隣の人も、あんまり釣れていない様子。
10時で切り上げた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
月が上がってきた釣り場はまだ賑わっていて、駐車場には50台以上の車が残っていた。

釣果は3杯だったけど、初めてのマイカをショアジギング?で上げて、楽しい釣りをまた覚えてしまった。
今回掛けたのは全部沖目だったので、群れが遠いときはジグの効果があると思う。
近場の小樽とかで釣れ出したら、またチャレンジしたい。
kshm150704-08
妻にイカめしを作ってもらい、美味しくいただきました。

今回のタックル
ロッド:パームス アーマークラッド FOAS-93M
リール:シマノ 08バイオマスター C5000
ライン:PE1号+フロロ14lb
?ジグ 30g 改
ナオリーおっぱいスッテ 夜光ピンク

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。