積丹の岬の沖(1)

マイボートでのブリ釣りは、これまでいくつかのポイントから出したけど、潮通しがよくて地形に変化があるので、やっぱり岬の沖が好ポイントになっている。
ただし、積丹の先端方面の岬は風や波が強めの日が多い。
それでボートを出せない日も多いけど、運良く出られた日には、岬の反対側に回ったり、考えながら釣りに変化を付けられるので楽しい。
というわけで、今日も先っちょを目指した。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
朝5時頃、通りがかりの古平川河口をウォッチング。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
はしりのサケが釣れ始めたらしく、釣り人が並んでいた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出航場所に到着。波は穏やかで、風もそよ風程度。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さっそくボートを浜におろす。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
30分ほどで準備完了。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いざ、出航。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
沖のポイントにはゴムボートや遊漁船などが出ていたが、思ってたほど多くはない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
みなさん、どの程度釣れてるのか分からないけど、私の方は1回アタリがあっただけで、渋い。
そうこうしているうちにお昼近くになって、大方の船はいったん引き揚げてしまった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
せめて1本と思ってしゃくっていると、沖にある潮目がだんだんこっちに近付いてきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なかなか見られないほど、はっきりくっきりした潮目。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
すると、潮目のまん中でヒット!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「やっとキター」と慎重にファイトし、無事にタモ入れ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
3キロ無いぐらいのサイズだけど、これでちょうどシーズン20本目のブリ。うれしい。

【今回のタックル】
ダイコー ヴァージャー VRJS63/4
シマノ スフェロス SW6000HG + PE3号
ランブルベイト フラッシングハオリ 170g ブルー・ピンクベリー

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。