小樽マメイカ2015シーズンイン!

今シーズンは先週からマメイカを始めたけど、先週のチャレンジは荒天の影響も残ってた感じで、わずか1杯の貧果。
でもぼちぼち港内も落ち着いていい感じ?うん、間違いない!
とゆーことで、小樽港にいそいそと出掛けてきた。

今回は夕マズメからの釣り開始。
前回みたいに深夜から朝にかけてより、やっぱりこの時間帯がマメイカにはベストでしょう。
目指すポイントには17時半頃に到着。
かなりびっしりと釣り人で埋まっている。
ちょうど帰り支度をしているグループがいたので、その横にスッと入って釣り座を確保。
隣の低学年ぐらいの男の子が「エギですか?」と声を掛けてきた。
お父さんの話では、イカにあこがれているとのことで、彼もエギでがんばっていた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
すでにかなり暗くなっていたので、最初から投光器をセット。
すると「魚がいっぱい集まってる!」「光じゃなくて魚にイカが集まるんだよね」と話しかけてくる。
私はぜんぜんいいんだけど、お父さんが「じゃまになるから」と気をつかっていた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今夜は風もほとんど気にならず、絶好のエギング日和。
そうこうしているうちに、最初の1杯をキャッチ。
私が早々に掛けたのを見て、彼もがんばってエギを投げてたけど、結局今日は釣れなかったみたい。
ちょっとコツを教えてあげようか(エラそうに!)とも思ったけど、まあ今からエギングやってたら私なんぞすぐ抜かされるので、やっぱり教える必要なし!(小せぇなぁ!)

その後も決していいペースとは言えないけど、飽きない程度の間隔で反応がある。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バケツのイカがたまってくると墨だらけになるので、都合3回、クーラーに移して水を入れ替えた。
気付いたら夜も更けて結構冷え込み、夜露も降りてきて、ちょっとガクブル状態に。
体が震えてエギが絶妙にシェイクされて爆る!・・ということは全然ないので、急いで冬用の上着をはおり、ミスターヒートで足元を暖め、コーヒーを淹れて体内から暖めたら、いい感じにポカポカ。

今回はミニマムなラインシステムを試すべく、ラインの番手を落としてみた。
0.3号のPEはサンラインのスモールゲームPEをチョイスし、フロロ4lbのリーダーとFGノットで結束。
スッテは前回試したウキ止めゴムのシステムで付けてるので、ここの結び目をなくしてスッテ仕掛けの強度を上げられる。
いちど足元でエギがガッチリ根掛かってしまったけど、素手では切れないほど、ラインシステムの強度は十分。
手袋をはめて引っぱったら、エギの結び目(ダブルクリンチ)の所で切れた。
エギはロストしても、一番先っちょで切れたら被害は最小限、新しいエギを結ぶだけですぐ再開できる。
このPEはさばきやすい感じで、ライントラブルもなく、また投光器の光に対してピンクのラインはとても見やすく、いい感じ。
マメイカのタックルは、これで決まりかな。

今回は投光器の光が届く範囲で乗せることを意識して、これまであまり使ってこなかったシャロータイプのエギでほぼ通した。
フリーフォール中のラインの変化に注意してアワセるようにしたら、だんだん分かるようになってきた。
それでもタイミングがずれて掛け損ねたり、気付いたら乗ってたりと、やっぱりかなり繊細。
まだイカが小さいのでスッテは必須だけど、本当はスッテなしの方が分かりやすくて勉強になるかも。
エギとスッテに乗った割合は、今回1:2ぐらいだった。色はピンクがよかった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
足元には小さなカタクチイワシが無数に集まってて、そこにサバが頻繁に突撃してくる。
エギ回収の時に時々サバが追ってくるので心配したけど、幸い掛かることはなかった。
いちど浮いたマメイカが水面越しに見え、そばに落としたら、エギが見えなくなる辺りで乗った。
乗るところが見えたら、もっとおもしろそう。
「フローティングエギでトップウォーターエギング」とかできないかな。

明日は日曜なので、日付が変わっても多くの釣り人が残ってたけど、私はここらで撤収。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰って数えたら、ゲットしたマメイカちゃんは36杯だった。
oum151017-06
とっても楽しめたけど、ノセ損ねやバラシを確実にキャッチしてたら50は固かった。
このロスをどこまで減らせるか・・。
まあ、向上の余地のあることはやりがいにもつながるし、このあとのシーズン、楽しくレベルアップできればオッケーでしょう!

今回はイカパエリアで美味しくいただきました。

ロッド:アブガルシア ソルティステージKR-X エギシス SXES-862UL-KR
リール:シマノ ストラディック C2000HGS + PE0.3号
ナオリーRH 1.5S(オールピンク夜光)+ ナオリーおっぱいスッテWJ 1.2号

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。