自作LED投光器@小樽マメイカ用

夜のイカ釣りは、港ごと、地域ごとに暗黙のローカルルールがあるみたいだけど、小樽港でのマメイカ狙いには投光器があった方がいいと思う。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最初の頃は光なしでやってたけど、光があると、
・海中の状況が把握しやすい
・集まるベイトにつられてマメイカも寄ってくる
・ラインでアタリを取りやすい
など、いいことが多い。

ひとりで釣る分には、そんなに強い明かりは必要ない。
tkk001
アマゾンとかホームセンターでパーツを揃えて、投光器をお手軽に自作してみた。

ライト
tkk002
LED投光器 12V対応 防水仕様
タマも色々な種類があるけど、消費電力が少なくて明るいLEDがオススメ。
私のは27W(3Wx9)だけど、ワット数や照射角はお好みに合わせて。

電源
tkk003
電動リール用バッテリー WOODMAN SEAKING 12V/12Ah
LED+バッテリーは静かで快適。
この組み合わせで6~7時間ぐらいはもつ。
私の場合、電動リール用が遊んでたのでそれを使ったけど、自分の用途やタマに合わせた容量を選べばよい。

フレーム
tkk004
ステンレスは高いので、ユニクロメッキの「鋼材フラットバー」をチョイス。
重いのはイヤなので、タマを支えられる強度でなるべく細いのを選んだ。
tkk005
90cmと細めの60cmをL字金具とボルトナットでつないで、折りたたみできるようにしている。

コード保護用コルゲートチューブ
コードに廻しておいた方が、断線・ショートなど気にせず扱えて安心。

ワニ口
tkk006
バッテリー端子に合わせたサイズの物。

尻手ロープ
tkk007
バッテリーを重しにするといい感じで投光器をセットできるけど、油断すると丸ごと海に落っことすかも。
どこかに繋いでおくべし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
私の場合、計1万円台前半でおさまった。
実はもう2シーズン使ってるけど、小樽のマメイカにはこれで十分。
どなたかの参考になれば幸いです。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。