ヤリイカご一行様、小樽入り

今週末、天気予報と海の状況、ともにあまり良くなさそう。
どうしたものか・・、先週はサクラマスを釣って満たされたので、今度はあちこち情報が入ってきているヤリイカを釣りたいところ。
金曜も定時には帰れなかったけど、何とか始末を付けていつもより早めに上がった。
そんでもって、状況が悪くなる前に近場の小樽に急行。

現地着は10時半。
テーラー釣りやエギの人がポツポツ入っている。
沖に向かう風がかなり強くて、バッカンの中の物が飛ばされないよう気を付けながら釣り開始。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エギは「バヒューン」と気持ちよく飛ぶけど、イカからの便りはまったくなし。
ウキもあまり釣れてるようには見えない。
今日はダメなのか、それとも時合いが過ぎてしまったのか、ここでやってても見込みは薄そう。
「どうですか」と声を掛けてきたおっちゃんから、有力?な情報をゲットして、次のポイントに移動。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
人はそんなに多くないけど、何だか釣れてるみたい。
風も山や建物に遮られておだやか。
ここならエギは2号前後でよかろうと、ロッドをエメラルダスのMLから、ソリッドティップのエギシスにチェンジ。

釣り再開は日付が変わって午前1時。
宴が終わっていないことを祈りつつ、キャスト。
すると、ほどなく「ドンッ」。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずまずのヤリイカちゃん。
イカ釣りの楽しさって、また魚と違うんだよなぁ。
うまく説明できないけど、楽しく杯を重ねる。
宴は何とか続いていた。

時々、手前の海面近くを、100パイぐらいの群れが左右に横切る。
1.8号のシャローで群れの中をフリーフォールさせると、なかなかのサイズが乗った。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
たぶんオスかな。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ペースはそんなに上がらないけど、何とか退屈しない程度の間隔で上がる。
中層メインで探り、時々底をチョコチョコして乗せていく。

周りに誰もいなくなったので、ためしにライトを出してみた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
すぐにサケ稚魚サイズのベイトフィッシュが集まるけど、ライトにヤリイカが寄った感じはない。
外灯がある場所なので、あんまり意味なかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
後半はおもに群れの中を通してゲット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
薄明るくなると群れが消えて、反応もなくなったので終わりにした。

2ヵ所目では、正味3時間ほどでヤリイカ13ハイ。
あれだけの群れが入ってたら、もっと上がってもいいところだけど、夕マズメからかなり攻められてたのかも。きっと。
と、自分のウデは棚に上げておく。
自分としては十分満足。
otg160409-09
サイズは最大で胴長28cmぐらい。
ヒットエギはナオリーRH・オールピンク夜光の2.2Bと1.8B。
マメだけでなく、ヤリにもガチ鉄板。
ヒイカSPの1.8FFでも釣れた。
フォールが遅くてちょっと苦手だけど、水面近くの群れ狙いにはいいかも。
otg160409-10
小さめのが大体メスで、卵が入っていた。
otg160409-11
イカめし(卵入り)にして美味しくいただきました。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。