ヤリイカスルーとミミイカの舞

この春のヤリイカは、全体としてはいい年じゃなかろうか。
それでも「○○港に群れが入ったぞ~」という情報をキャッチして、数日も経って行くと、なかなか情報通りとは行かない。
特に終盤になると、イカの動きも早いみたい。
それでもこりずに、情報に振り回されて来てしまった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
日中はかなりの強風だったけど、夕方からはとってもおだやか。
釣り人は少ない。何だかイヤな予感。
・・は的中して、さっぱり反応がない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
試しにちょっと照明を出してみたら、魚じゃない細かいのがわんさと寄ってきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
何だろう?
今考えたら、水くみバケツですくって調べてみればよかったな。
1杯のヤリイカがスルーしていったあと、何だかクリオネみたいなのがフワフワッと泳いできた。
よくよく見るとこいつ、ミミイカじゃなかろうか。
ミミイカの優雅な泳ぎにいやされながら・・いやいや、このままじゃいかんでしょ!
とポイント移動。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
港の外海側は、テーラーのウキが並んでいた。
よく分からないけど、なんぼかは釣れてるのかも。
間に入れるかなと思ったら、横向きの潮流れが早くて、エギングが割って入るのは難しそう。
別の場所で粘ったけど、やはり何もナッスィング!

帰り際、テーラー仕掛けにダブルでヤリがぶら下がってるのを見掛けた。
やっぱり釣れてたみたい。
テーラーもそのうちいっぺんやってみたいなぁ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
帰りに厩でもちょっとやってみた。
日が変わって、収穫なしで切り上げた。
・・小樽の春ヤリねらいは、そろそろ終わりにしようかな。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。