マメイカ求めて石狩→小樽

石狩湾新港で春マメイカが釣れ始めたという情報をキャッチ。
ちゃんと時期になると決まった場所に来るのって、それが野生動物なんだろうけど、律儀だよなぁとつい、思ってしまう。
そんな律儀者をお迎えすべく、金曜の夜、仕事が終わって晩メシを食ってから出動。

自宅から新港のポイントまでは、夜なら30分で着いちゃう。小樽より近いかも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夜の11時、当然、ゲートは閉まっている。
近くに釣り車が何台か駐まってるけど、思ったほど多くない。

釣り場に行ってみると、やっぱり人も多くない。
宴の終わったあと?

空いているところに入って、まずはLED照明で海面を照らす。
ちょっと横風があって釣りづらいけど、まあなんとかなる程度。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
明かりに小さなプランクトンがたくさん寄ってきて、茶色く濁ったように見える。
すると、結構いい型のマメイカが時々、数杯単位で明かりに寄ってくる。
がんばってエギに乗せようとするけど、マメイカたちはまったくやる気なし。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
周りの人も釣れてなくて、みなさんどんどん帰っていく。
ついに最後のエギンガーになってしまい、「ダメだこりゃ」と撤収。
お出迎えできず、ゼンゼン不完全燃焼なので、半端な時間帯だけど小樽に向かった。

小樽港に3時過ぎに到着。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
去年のこの時期、墨跡があったポイントに入ってみた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まだ暗いので明かりで照らすと、チカっぽい小魚がたくさん寄ってきた。
マメイカも1杯だけ見えた。

釣りの方は全然ダメ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ポイント移動した。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夜が明けた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
朝焼けがキレイ。
釣れる気配なしで、さすがに眠くなりそうなので、朝4時過ぎに撤収。

結局2つの港をハシゴしたけど、何もなしのボーズ。
その後のフォロー情報だと、石狩は夕方の明るいうちがいいらしい。

マメイカか、サクラマスか、という時期がもうちょっと続きます、ハイ。

 
にほんブログ村

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。