船を待って拾い釣り

休日は釣りざんまい、となかなか行かず、妻のリクエストでまたも余市方面に観光ドライブ。
町内あちこちにあった「よいち味覚の祭典」の看板にひかれて、会場の農道空港に迷い込んだけど、何だかスゴイ車と人の数。
ksm160925-005
夫婦とも、基本人の多い場所が苦手なので、早々に退散。ゴメンナサイ。

静かなワイナリーでランチしたあと、積丹の水中展望船に久しぶりに乗りに行った。
ksm160925-007
出港場所に着くと、目の前で船が岸壁を離れていった。
「次は1時間後」ということで、どうしようか迷ったけど、待って乗ることにした。
ksm160925-01
その間、港内で釣りをして時間をつぶす。
まずはエギをしゃくってみたけど、昼間はどうも釣れる気がしない。
イカよりはまだ可能性がありそうなサバジグに切り替えてキャスト。
遠投して、ワンピッチジャークしてると、ヒット!
大きくないけど・・
ksm160925-02
フグだった。

気を取り直して、色々アクションを変えてやってると、手前の水面引きに反応する魚が見えた。
これはサバっぽい!と気合いを入れなおし、キャストを続ける。
何投目か、手前まで追ってきた魚の前でフォール、食いついたところでアワセをくれると、ヒット!
ksm160925-03
今度は間違いなく、サバ。
小樽サイズよりも型はずっといい。
そうこうしているうちに船が帰ってきたので切り上げ、サバはお隣の家族さんに差し上げた。
ksm160925-04
次の便は海外の団体さんと同乗で、にぎやか。
ksm160925-05
人数が多くて、2回に分かれて船底の展望室に入った。
無数のチビガヤと、ソイ、ウマヅラハギ、アブラコなどが見えた。
ksm160925-06
帰りはお約束のカモメにパンミミ。
船を楽しんだあと、札幌に帰る途中で小樽港に寄った。
ここでも短時間だけど、夕マズメにイカアタックしてみた。
ksm160925-07
周りでは小サバが結構いいペースで釣れている。
ksm160925-08
ニャンコたちもチャンスを狙っている。
ksm160925-09
マメイカは、明るいうちはなかなか難しく、マイクロサイズをなんとか2杯出した。
ksm160925-10
最後、この子達はリリースした。
すき間の釣りも、釣れたら楽しいけど、もっとがっつり釣りしたいなぁ。

 
にほんブログ村
「船を待って拾い釣り」への 2件のコメント
  1. コンサドーサ より:

    おはようございます!
    奥さまと観光・・・なかなかイケてますねぇ。
    うちもそんな感じで隙間の釣りができるといいのですが(汗)
    うちの妻はワカサギ釣りにしか興味がなく・・・悲しい限りです。
    やっぱり、イカは楽しそうですよねぇ。
    私も何とか隙間を見つけて行かなくては!

  2. ごンた ごンた より:

    コンサドーサさん、観光・・というか、妻の相手もちゃんとしないと、その分釣りのお許しが出ないので。。
    ちなみに妻は釣りに興味なし!なので、すき間の釣りの間はクルマで待ってたり、どこかに出掛けたりしています。
    すき間で釣りができるのはいいんですが、実際はなかなかキビシイものがあります。
    イカ釣り、奥様も興味持ってくれるといいですね!

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。