サクラ舞い、サクラ散り、ミノー飛ぶ!

休日に半日仕事に出た分、金曜午後に代休を入れて、お昼に職場から釣りに直行した。
夜のイカだと時々やるパターンだけど、今日は夕マズメのサクラマス狙い。
昼間からGO!
札幌を発つ前に某喫茶店でボリューミーなランチをかっ込み、デイドライブで一路目指したのは、今月頭のサクラコラボでダメだったポイント。
某河口を偵察
途中、某河口に立ち寄って偵察。
「どーですかぁ?」と声を掛けたおっちゃんから、ウキ釣りで60cmクラスのアメマスが2本出たよーと教えてもらった。
アメマスもいいけど、やっぱりサクラマスが釣りたい。
ポイントの様子
現地に到着、準備をしてポイントに立ったのは16時。
海鳥の群れ
はるか沖の海面では、海鳥の大群が羽を休めている。
天気は薄曇り、右手からの弱い斜め向かい風。
波は時々低いうねりが来る程度、水温は8℃台、雪代か雨の影響か、濁りがうっすら入っている。
そしてさすがに平日の夕方、人は少ない。
条件としては悪くないはず。
雰囲気はよい
さっそく、ミノーを中心に色々ローテしながら、独り占めポイントから左右に広く探る。
なかなかすぐには反応が出ない。
夕マズメのサクラマスはほとんどやったことがないので、色々と感じがつかめない。
しばらくたって、40cmぐらいのがミノーを手前まで追ってきた。
その何投かあと、今度はリトリーブ中に魚のタッチが伝わってきたけど、さわっただけで掛からない。

・・いよいよ、いい時間帯に入るところでいったん小休止、仕切り直し。
サンドイッチをぱくつきながら、ここからが勝負の時間だぞ、と気合いを入れ直す。
このあと雨の予報だったけど、何とかしばらく天気はもってくれそう。

再開して間もなくの6時過ぎ、やや沖目でミノーにズンッとヒット!
手応えは・・かなり強い!
アメの話もさっき聞いたけど、水面に出たギラギラは、間違いなくサクラマス。
しかも、結構大きい!
60オーバーは堅いでしょう!

あせらずに寄せてきて、あと10mほど。
手前の障害物にもぐられないようにさばいてると、水面でサクラが暴れて、手応えがスポンッ!と抜けた!
一気に抵抗を失ったミノーが、ヒュルルルゥ~と、頭上を越えてはるかうしろに飛んでいった・・。

数秒の間、アタマ真っ白に。
そのあと「あぁ~、やっちゃったぁ~」と思わず叫んでしまった。
痛恨のバラシ。
宴の跡
テールフックにサクラマスの痕跡がわずかに残っていた。
自分の悪いクセで、フッキングが甘かったのと、必要ない場所なのに、姿を見たくて、すぐに水面ファイトに持っていったのが敗因だと思う。
次からは意識してフッキング動作を入れること、沖目では水中で走らせて、手前に来てから浮かすようにすること!
書いとかないとこのヒト、また忘れてやらかすからなぁ。

さて、落ち込んでるヒマはない。
夕闇が迫って・・
暗くなるまで、当たったミノーを中心にがんばる。
・・も、結局7時で真っ暗、タイムアップ。

さて、のんびりしてるヒマはない。
次は夜の恋人、イカの偵察に某漁港へ。
夜の某漁港
夜の部は予報通り、雨になった。

今年はヤリイカの便りがさっぱりみたいだけど、だからといってイカないことには始まらなイカら、ダメ元で探りを入れる。
しかし、反応ナシ。
1回だけ、魚かイカか分からない軽めの手応えのが掛かったけど、水面で外れて確認できなかった。
白っぽく見えたけど・・

あまりにつれないので、足元の水面近くにやって来たお友達の顔を拝ませていただく。
ミミイカの舞い
プリティーなミミイカちゃん♪
プチいやされて、でも冷たい雨に体も心も冷え切って、10時にギブアップ。
ぼっち漁港をあとにして、札幌に戻った。

結果はまたまたアレだったけど、大きいのが相手してくれて楽しかったし、ちょっと自信回復した。
次こそしっかりキャッチ!したいなぁ~。

 
にほんブログ村
「サクラ舞い、サクラ散り、ミノー飛ぶ!」への 2件のコメント
  1. コンサドーサ より:

    ごンたさん、こんにちは。

    やはり行かれてたんですね。
    バラシは悔しいですけど、サクラ、居るってことですもんね。
    早く腰を治して行かなくては。
    それよりも、膝のほうが意外にヤバイ感じ。
    靭帯やってるかも?
    ビミョーに膝が緩く、踏ん張りがきかないんですよぉ。
    足場の悪いとこは、厳しいかな?
    でも、釣りバカですので行っちゃうのですが(^_^;)

  2. ごンた ごンた より:

    コンサドーサさん、状況がよさそうだったので、急きょ行ってきました!
    例のポイント、サクラはいたんですが、やらかしちゃいました(x_x)

    腰と膝、無理しないで大事にしてくださいね。
    ほかに足場のいいポイントもたくさんありますし、まだまだ本番はこれからです!

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。