陽殖園訪問@滝上町

実は今回、滝上町の1泊旅行の本題は釣りじゃなくて、「日本一変わっている花園」陽殖園の訪問だったりする。
というわけで、そっちのこともとりあえず、書いておこうかと。

コガマの花
関係ないけど出発前、自宅の水鉢のハスのあとに去年勝手に出てきた植物、今年穂を付けたらコガマだった。

札幌から一路、滝上へ。
SAのガーデン
途中、道央道の岩見沢SAにも上野ファーム監修の立派なガーデンが造られていた。
お昼は旭川の「生姜ラーメン みづの」で美味しくいただいたあと、
大雪森のガーデン
道中にある大雪森のガーデンを訪問。
おととしのガーデンショーの時と較べると、植物もしっかり根付いて落ち着いた感じで、雰囲気もよく楽しめた。

ホテル全景
今回お世話になる「童話村たきのうえホテル渓谷」に到着。
ホテルロビーの陽殖園コーナー
ロビーの入口正面には、陽殖園コーナーがある。
北の造園遺産認定
北の造園遺産」認定についても、しっかり紹介されていた。

陽殖園入口
さて翌朝、ホテルからだと車ですぐの陽殖園に到着。
毎週日曜朝にある、園主の高橋武市さんによるガイドツアーに夫婦で参加。
お客さんは数人で、天気も悪いしこんなもんかと思ったら、紋別のホテル泊の本州からのご一行もバスで到着し、結果30人近い大盛況。
ここは、一般的な観光地としての知名度はそれほどでもない(失礼!)けど、人気は全国区と聞いている。

園主特別園内ガイド
受付の人が別にいるわけではなく、園主自ら対応。
本当に、何から何まで「ひとりで全部」やられていた・・。

この日は雨の予報で、ツアーの始まる頃は何とかもっていたけど、しっかり雨具を着込んでいった。
30人ぐらい?
カサの人もたくさんいたけど・・雨具の用意がなかったらまあ仕方ない。
普通のガーデン感覚で行っても楽しめてしまう、というのもこの陽殖園のすごさかも。
受付で熊よけ鈴を配るガーデン、というのも他にないと思うけど・・。
そういえば途中、特大のオオスズメバチが1匹飛んできたけど、私と妻以外誰も気付かず、逆に騒ぎにならなくてよかった・・。

トンボ池
雨の降りだした中、「トンボ池」では、
トンボ池対岸から解説
高橋園主が池の対岸に回って解説。
経験に基づいた植物の解説や園内各所の造成の話など、とても楽しく飽きさせない。
約1時間半の行程をめぐるうち「これだけのものを本当にひとりで造り上げたのか・・」とあらためて驚く。
高橋さんご自身や庭園そのものの魅力に加えて、このことこそ、この陽殖園が他の庭園にない、人を惹きつける最大の理由なんだろうなと実感。
ちなみに、10月には高橋武市さんのお話が聴ける講演会が札幌である。

さて最後、園内のどこか?で時間切れ、ガイドツアー終了。
園主は「受付が始まるから」と、ひとり入口まで速攻で戻られた。
雨の降りが強くなってきた中、取り残される形になったガイド参加者たち。
「あれ、帰りはどっち?」ということになった。

何せ迷路のような広い園内、初めての人には全体も、今いる場所も把握は難しい。
落ち着いて渡されたマップを見れば問題ないんだけど、こっちは急ぐアレもないし、だまってみなさんの「出口探し」に乗っかった。
入口に戻れない?
ちょっと迷ったけど、「こっちだ!」と何とか出られた。
入口に戻ってきた
これも最後に楽しんでもらう演出だった?のかも。
天気だけが残念だったけど、私自身、とても楽しませてもらった。
雨の中、帰り支度
ガイドツアーが終わって、さらに激しくなる雨の中、札幌まで安全運転。
帰りの昼食も旭川ラーメン、「らーめんや天金」で美味しくいただきました。

 
にほんブログ村
「陽殖園訪問@滝上町」への 2件のコメント
  1. コンサドーサ より:

    ごンたさん、こんにちは!

    天気が良かったら、もう少し違った雰囲気で楽しめたでしょうね。
    最近はガーデニングが流行っていますので、旭川方面でも大々的にやってますからね。
    旭川ラーメン・・・みづのと天金・・・・・・・渋い選択ですね。
    人それぞれの好みや最近の流行りもあるので何とも言い難いところですが、私も久々に食べたくなってきました!
    ただ、暑いので・・・今はパスです。

  2. ごンた ごンた より:

    コンサドーサさん、こんばんは!

    天気は悪かったけど、なかなか楽しめましたヨ!
    旭川方面にガーデン、たくさんありますよね。

    旭川ラーメンは昔から好きですが、どこが美味いのか、そんなに詳しくないです。
    なかなか行く機会がないので、暑くても2日続けて食べちゃいました。

コメントはこちらから

よろしければ、コメントしてみてください。

よろしければ、下のボタンを押してみてください。

Comments only available in Japanese text.
日本語以外のコメントは届きません(スパム対策→華麗にスルー)。